2017 0810-14 栂海新道、親不知~朝日岳~白馬岳~栂池

今年は忙しくて、ゴールデンウィークに再び白毛門~巻機山を歩き、7月に添乗でスイス2週間ハイキングに行った他は奥多摩をチョロチョロ歩いた程度。

f0376349_20574931.jpg

f0376349_21343125.jpg

f0376349_213544.jpg

f0376349_20582376.jpg


毎年の最大のメインイベント、夏休みの縦走ですが、休みの日取りが中々決まらないうちに南アルプス行のバスが満席となり、第一希望の白峰南嶺と蝙蝠尾根はあきらめ、第二希望の栂海新道に決定。

次に栂海新道を親不知ゴールにするかスタートにするかですが、最後に日本海にドボンした後に海の幸を堪能するのも魅力的でしたが、昨年の夏休み縦走で読売新道を下った際にすれ違った登りの人たちがいい顔してたので、今回のルートは迷わず登りに決定。

次にどこまで行くかですが、一昨年の夏休み縦走で新穂高から五竜山荘まで歩いたので、五竜まで歩けばきれいに繋がるものの、日数とか体力とかを検討して白馬岳で降りちゃうことに決定。

パッキングはks-ultralightのKS4にWanderlust-equipmentのカンパラパックで、水、酒、食料込みで12kgジャスト。1kgは削れましたが、それは次のエントリーで検証。

とりあえずは、所要タイムと一口メモ。なお現在の体力は、169cm x 67kgで山と高原地図のコースタイム通りに歩くのが目標なほどに落ちてます。さらに夏場の暑さに弱く、昨年も薬師ヶ岳で熱中症でふらふらになりました。




8/10 晴れ後、曇り
09:20 親不知駅発
10:20 栂海新道登山口着
10:45 栂海新道発
12:40 二本松峠  12:55発
14:05 尻高山  14:15発
15:00 坂田峠
16:30 シキ割水場 16:40発
18:15 白鳥小屋着

・親不知駅からの国道8号は大型トラックやダンプが走る割に歩道が狭いとの事前情報通り。
・登山口から日本海までの標高差80mは結構ある
・登りはじめからなかなか標高が稼げない、展望もない
・坂田峠からシキ割水場までの登りがきつい
・水場前後にかすかに幕営スペースあり
・シキ割の水場はトレイル上の沢
・水場越えてからは、そんなにきつくない
・小屋には先着一人、角さん。栂海新道3回目とのこと
・明け方、3人組到着。1時間ほど休息の後、出発

f0376349_20594361.jpg

f0376349_21114955.jpg

f0376349_2112992.jpg


8/11 晴れ後曇り
06:00 白鳥小屋発
08:00 菊石山
08:19 黄蓮ノ水場 08:32発
09:15 黄蓮山
09:50 1384mピーク
11:15 栂海山荘

・小屋(1286m)から鞍部まで200mくらい下る。その途中、80mくらい下ったところに水場
・下駒岳あたりにガレ場あり少し展望あり
・黄蓮の水場はたっぷり水が出てる。片道3分

f0376349_2132239.jpg

f0376349_2145520.jpg


8/12 大雨後小雨
04:00 栂海山荘発
04:09 犬ヶ岳
05:30 サワガニ山
06:45 黒岩山
07:23 黒岩平
08:40 アヤメ平
10:10 吹上のコル 10:15発
10:50 朝日岳 11:00発
11:40 朝日小屋

・犬ヶ岳あたりは瘦せ尾根だったが暗くて分からず
・北俣ノ水場は沢筋を下って片道5分位らしいが良く分からず、雨水が適当に流れてるのを取った
・この日は大雨でトレイルがほとんど沢状態
・男女カップル3組、女性3人組、男性ソロ2人くらいとすれ違う
・森林限界以下なので、草原でないところは樹林帯
・時折雪渓が見える
・吹上のコル(2250m)あたりから森林限界上になる
・吹上のコルから朝日岳は歩きやすいが、朝日岳から朝日小屋は意外に歩きにくい

f0376349_2161545.jpg

f0376349_217512.jpg

f0376349_219359.jpg

f0376349_21103180.jpg

f0376349_2111897.jpg


8/13 曇り後晴れ
05:30 朝日小屋発
06:15 朝日岳
07:00 水平道分岐
10:05 雪倉岳
10:33 雪倉岳避難小屋
11:33 2504m分岐 11:45発
12:39 三国境
13:20 白馬岳 13:30発
13:50 白馬岳頂上宿舎

・白鳥小屋で一緒になった60代の角さん(栂海新道3回目)から朝日小屋からの水平道は歩きにくいと聞き、また昨日朝日岳からの眺望がなかったので、朝日岳を通るルートにした
・しかし、前日の雨などでシェルターが水浸し。その処理などでテン場出発がブービーの5:30
・4時台は晴れてたのに、朝日岳登り始めるとガスリ展望0
・水平道分岐を過ぎてから燕岩あたりまでに2,3か所水場
・基本的に山と高原地図のこのエリアのコースタイムは甘いが、水平道分岐~雪倉岳の2:30は鬼
・雪倉岳の登りで2か所ほど沢水あり
・偽ピークに何度も騙される
・避難小屋からは広い尾根でガスると迷いやすい
・2回雪渓をトラバース。アイゼン要らないがビビりの人は怖いと思う
・鉢の鞍部と、その次の2504m分岐は休憩ポイント
・三国境への登りは小石のルート
・三国境からの馬の背は途中に岩々したポイントあり
・馬の背最後の部分は気持ちよいトレイル
・白馬岳山頂はめっちゃ人が多い
・白馬山荘はやはり巨大
・白馬頂上宿舎のテン場はめっちゃ混んでる

f0376349_2114577.jpg

f0376349_21143064.jpg

f0376349_21145610.jpg

f0376349_21164562.jpg

f0376349_2118238.jpg

f0376349_2119041.jpg

f0376349_21195787.jpg

f0376349_21205616.jpg

f0376349_2122582.jpg

f0376349_2123799.jpg

f0376349_21232767.jpg


8/14 曇り
05:05 白馬岳頂上宿舎
05:35 白馬岳
06:09 三国境
06:45 小蓮華山 06:50発
08:05 白馬大池 08:25発
09:34 天狗平
10:30 栂池山荘

・朝ガスってたから油断したが、ご来光あった(間に合わず)
・三国境から小蓮華山までのトレイルは高度感あり最高
・小蓮華山から白馬大池までも快適
・白馬大池から乗鞍岳までの登りは溶岩で歩きづらい
・乗鞍岳から天狗平までも岩々した下り。途中で雪渓を横切る
・天狗平の木道は一瞬
・そのあとは、樹林帯の中、岩々した下り

f0376349_21244210.jpg

f0376349_21253720.jpg

f0376349_21283562.jpg

f0376349_21285643.jpg

f0376349_21262298.jpg

f0376349_21292629.jpg

f0376349_21295398.jpg

f0376349_21302635.jpg

f0376349_21305377.jpg

f0376349_21313177.jpg

f0376349_21315252.jpg

f0376349_21335893.jpg

[PR]
by roadman71 | 2017-08-26 21:37 | 【山行】北アルプス