雪山レイヤリング備忘録

12月の白毛門と年末の平標山を通じての雪山レイヤリング

12月白毛門
tops
ドライレイヤー:FINETRACK (品名忘れ)
ベースレイヤー:IBEX indie hoody
ミッドレイヤー:RAB alpha flux jacket
アウターシェル:RAB eVent jacket(品名忘れ)
インサレーション:RAB miclolight alpine jacket
インサレーション:RAB miclolight alpine vest

bottoms
ドライレイヤー:FINETRACK active skin
ミッドレイヤー:EVENRIVER ex102 gear tech pants
アウターシェル:FINETRACK エバーブレスバリオ
インサレーション:MOUNTAIN EQUIPMENT powder pant

この中で昨年比で新しく導入したのはtopsのミッドレイヤーのRAB alpha flux jacket
bottomsのEVENRIVER ex102 gear tech pant。topsの方は近年主流となった通気性が
ありストレッチ性のあるミッドレイヤーとして使える化繊インサレーション。パタゴニア
のナノエアやアークテリクスのアトムLT、ファイントラックのポリゴンなどもあるなかで
山と道でも使われているポーラテックのアルファダイレクトが気になり、山と道のは少し
暖かすぎる気がして、同素材を投入している各ブランドの商品を吟味したうえで、同製品
に決定。ボトムの方は、ツイッターで話題になったworkrownでわずか3000円で売っている
ためものは試しと購入。

評価としては、トップスは今年のベストバイ。適度に暖かく、でも熱は逃がし、乾きも
早く、ストレッチも良い。着ない理由がない。ボトムは肉厚の生地で膝から下はぴったり
フィット、腿とウェストは余裕あり。足の捌きが良くファイントラックのベースレイヤーと
合わせると最適。ただしアウターシェルを上に着ると暑すぎるので、奥多摩秩父などの冬山には
ベストだけど、上越エリアのラッセル時期には不適と判断。そして


年末の平標山
tops
ドライレイヤー:FINETRACK active skin
ベースレイヤー:ユニクロ ウールブレンドT
ミッドレイヤー:RAB alpha flux jacket
アウターシェル:RAB eVent jacket(品名忘れ)
インサレーション:モンベル mirage parka
インサレーション:山と道 ハラマキ

bottoms
ドライレイヤー:FINETRACK active skin
ベースレイヤー:FINETRACK メリノスピンライト
ミッドレイヤー:PATAGONIA capline thermal weight (ladies)
アウターシェル:FINETRACK エバーブレスバリオ
インサレーション:MOUNTAIN EQUIPMENT powder pant

追加投入したのが、ユニクロのウールブレンドT。なんと特価の790円。ブレンド配分は
ファイントラックのメリノスピンサーモと同じポリエステル65%にウール35%。特徴は
なんといっても薄いこと。愛用していたパタゴニアのウールポリ混紡ロンTと同じくらいの
薄さで調節がしやすい。その上に山と道が出したばかりのポーラテックアルファダイレクトを
使ったハラマキを投入。そしてテントでのインサレーションにモンベルのミラージュパーカ。
これは900FPのダウンを150g投入しながら総重量360gとウェイトレシオが高く、そして安い。
これも今年のベストバイ。

ボトムは新規購入はないけど、既存の薄い物を3枚重ねた上でアウターシェルを履きっぱなし
ということでレイヤリング。これがドンピシャで足さばきが良く、温かさがほどよく、着替えて
帰る時にも嵩張らない。

厳冬期はこれを基準に。

[PR]
by roadman71 | 2018-01-03 19:37 | 装備